1. Home
  2. ティーチャートレーニング
  3. プログラム

ティーチャートレーニング・プログラム

ヨガアサナ
伝統的なインドのハタヨガをベースにアサナの実践を行います。
アサナの指導法やリラクゼーションへの誘導法を学びます。
プラナヤーマ(呼吸法)
呼吸法各種の実践、指導法やクラスへの導入方法と呼吸法の効果を学びます。
メディテーション(瞑想)
各種瞑想法の実践、指導法やクラスへの導入方法と瞑想の効果を学びます。
瞑想はヨガ哲学を大きく関連しています。哲学を学びながらヨガでおける瞑想の定義を学びます。
ヨガ哲学
コースのメイン講義となります。Chandra Yoga INTERNATIONALでは哲学を学ぶことを最も重要とします。
ヨーガの経典、マハリシ・パタンジャリのヨーガスートラより重要な部分を抜粋して学びます。
今の社会の中でどのように生かしていくか、また、いかに実践していくかを分かりやすく解説します。
また哲学クラスでは、様々なヨガの種類、ハタヨーガ、チャクラ理論、浄化法、呼吸法、瞑想法、ヨガの人生についての段階、など多岐にわたる講義内容となっています。
ティーチングメソッド
クラスの種類、構成、各クラスの特徴と環境、ティーチングテクニック、ステップバイステップで最終的に1時間のクラスを自分で構成し実際にクラスを行う事を目指します。
独立開業について
独立開業についての講義では開業の準備、集客方法、生計を立てるまでの準備、日本でのヨガインストラクターの傾向と問題点、利点を解説します。
ヨガ解剖学
ヨガ指導歴が豊富な特別講師を招いての講義を行います。
ヨガのアサナを解剖学的に視点を変えて見てみます。
一般的な解剖学の知識を身につけることを目標とします。

Chandra Yoga INTERNATIONALにて取得可能な認定書

コース終了時は、受講時間に応じた認定書を発行します。
Chandra Yoga INTERNATIONAL RYT100/200/500 ※Chandra Yoga INTERNATIONAL RYT200/500 認定取得後、希望者は全米ヨガアライアンス RYT200/500 の認定を受けられます。

全米ヨガアライアンスとは?

全米ヨガアライアンス(Yoga Alliance)は、90年代にアメリカで設立された世界でもっとも知名度が高く、質の高いインストラクターや教育者の養成をするために、 カリキュラムに基準を定めているヨガ協会です。
国際ライセンスとも言える認定を発行しているヨガ協会とも言われています。

お申込み

ティーチャートレーニングへのご参加は、こちらのお申込みボタンからお申込みください。

お申込みボタン